読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NHK朝ドラ 「ひよっこ」

なんだかちょっと乗り切れない。有村架純がかわい過ぎるからか。いや違う。古谷一行がじいさんっぽくないからか。羽田美智子の茨城弁が上手すぎるからか。木村佳乃が首長すぎるからか。なんだか分からないが、ちょっと「もやっ」とする。脚本は岡田恵和氏。「ちゅらさん」「おひさま」のベテラン、エースの登場である。この人は、「女子」な場面を作るのが好きな人だ。「おひさま」の時は、井上真央に、同級生の満島ひかりとマイコの3人に毎度毎度仲良くべたべた「女の子トーク」をさせた。今回の「ひよっこ」でも有村架純と親友「助川時子」役の佐久間由衣が、毎朝毎朝仲良く「女子」する。木村佳乃羽田美智子が「中年なかよし女子」する。うーん。ここがいいのかもしれない。だが、ちょっと気持ち悪いのだ。おじさんの岡田恵和が書いていると思うからか、いやいや昭和がこんなにハートウォーミングだったっけ?と思うからか。そもそも田舎の人たちは、こんなにみんな素朴で仲良しだったっけ?って、思うからか。増田明美がいうように、都合よく毎回いなくなったお父さんの代わりに「変なオジサン」が現れるからか・・・・。ヒッピーオジサン役の峯田和伸が、BSドラマ「奇跡の人」の、「イットク」にしかみえないから?しかし、きっと良いお話なのだ、NHKの朝ドラらしい心温まる、ちょっぴり切なくて、ほっこりするドラマになっていくのである。来週あたりからは、すずふり亭の女主人、宮本和子も出てくるし、向島電機の和久井映見も出てくるし、もうお話が透けて見えるくらい「いい話」になっていくのである。面白くないとか、「もやっ」とするとか言えないのである。うーん。今となっては、わかりやすく脱落した「まれ」や「べっぴんさん」が懐かしい。ところで、今回は麻生久美子が出るのか。「泣くな、はらちゃん」は私のお気に入りの番組だ。