読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日テレ「恋が下手でも生きています」

何だか見てしまっている。見逃せない感はまるでないのに、見てしまっている。高梨臨がキレイで可愛いのもあるが、土村芳が良いのである。かわいいのである。けなげなのである。そんでもってしっかりものなのである。お話は、ルームシェアしている高梨臨演じる美沙と千尋のふたりの恋模様。高梨臨演じる美沙はゲーム会社でバリバリ働くキャリアウーマン、だけど恋愛下手の不器用女、一方、千尋は会社の受付嬢。料理上手で世話好きで、結婚を夢見る理想のお嫁さんタイプという設定。実にありがちな設定だ。高梨臨のお相手が田中圭。「東京タラレバ娘」で大島優子の不倫相手だったが、ふしぎとなんだか許されてしまうキャラだ。ここでは素敵な会社社長。ホントにいるのか、こんな社長?!と言ってしまうほど。土村芳は婚約者に二股をかけられ、あげくの果てにはセックスが下手だと言われ落ち込む。そんな彼女の命を助けた男性「橋本」が淵上泰史。馴染みないが、ガンバ大阪のユースだったとか。ちょっと渋めで人気出そう。その淵上泰史は、女性はセフレで十分というクールな男性で、高梨臨の同僚。これまた都合のよい設定だが、そこはご愛敬。ラブコメには設定よりも、切ない気持ちにリアリティがあれば良いのだ。タイプの違うふたりの魅力的な女性。見ている女性はいいとこ取りで共感する。朝ドラ「あさがきた」の宮崎あおいと波瑠のパターンだ。都合よく「あさ」になったり、「はつ」になったりするのだ。先週は、婚約を解消した土村芳に対して、高梨臨が「結婚だけが人生じゃないから、好きなことをこれから見つけたらいいじゃん」という。土村芳が、「でも私は結婚が夢だったから」と答える。そうなのよ~。そうそう。好きなことを仕事にしたり、やりがいを感じたり、出世したり、いわゆる「活躍」したい人も一杯いるが、「活躍」に興味のない人もそこそこいるのだ。いつのまにか、私たちは「好きなこと」を仕事にしなければならなくなった。「やりがい」を感じなければならなくなった。何でもポジティブ、何でも自己責任。自己主張しない人にはツライ世の中だ。受け身で生きる自由も欲しい。とりあえず、秦基博の「Girl」の軽やかなメロディーにキュンとなりながら、今週も見てしまう。