植田正治写真美術館 「山陰にて」

米子の駅から20分ほど車で行くとある。大山がきれいに見える場所だ。灰色のコンクリートの建物がぽつんと緑の真ん中にある。写真家植田正治のことは福山雅治が好きだということで知った。テレビの日曜美術館でも取り上げられていた。少し時間が出来たのでやってきただけ。でも写真を見ていくうちに好きになった。鳥取砂丘を背景にしたモードな写真だった。ちょっとあざといなと思ったが、それ以上に洗練されていた。陰影の深い写真に心が動いた。鳥取の境港出身の植田正治はもともと画家になりたかったそうだ。山陰の風景をキャンパスにしたんだね。子どもたちの写真もよかった。昭和の懐かしい時間がそこにあった。でも古い感じはしない、今っぽい。見る人を微笑ませたり、微かにしみる写真たち。一枚一枚に植田正治の工夫や創意が凝らされている。どの写真にも音楽が流れていて映画みたい。館内のミニシアターの15分の番組が終わると、壁の前上部にある丸窓がレンズになって、外の景色が後の壁に逆さまに映り込む。きれいな大山がミニシアターの壁に現れる。走る車が逆さになって動く。ふふふ。面白い。2階の展示室の間にある大きな窓からも大山が見える。手前の水面に大山が映り込んで正面に座ると一枚の絵になる。フレームの大山の前でポーズを撮れば、そのまま植田正治風の写真になる。ふふふ、これも素敵。外に出て建物の前に座れば、またまた大山がきれいにおさまる。どこまでも写真を意識させてくれる。思いもかけず素敵な美術館だった。山陰。キュンと来る場所だったなあ。

テレビ東京「宮本から君へ」

主役宮本役は池松壮亮テレビ東京の深夜のドラマ。出演者が凄い。松山ケンイチ柄本時生蒼井優、ホッシャン(星田英利)。最近のテレ東のドラマは本気だ。スケールは小さめ。だけど中身は深い。そぎ落とし方が上手だと思う。今回の宮本の面白さは文句なく池松君、池松壮亮だからいいのである。純粋さと不器用さと大胆さをごちゃ混ぜにした、若い男の子のエネルギーを絶妙に演じている。暗い声の童顔がちょっと微笑むとキュンと来る。松山ケンイチの生ぬるい感じもいい。何かが落ちたね。良くなった。でもホッシャンがもっといい。あの年代の男性の悲哀もあるし、懐の狭さと深さを同時に感じさせる。ちょっといそうでいない役者になったかもね。青春の輝き。二度と取り戻せないから尊い。ドラマの池松君演じる宮本のエネルギーの不器用なぶつかり方は、誰もが抱く20代の胸の痛みみたいなものを思い出させる。傷だらけの心を抱えながら、みんな大人になって行く。痛みが消えたら、何か置いてきてしまったことに気がつく。浦島太郎の玉手箱だね。ああ、こんなに私は年をとってしまったのかと呆然とする。浦島太郎はじいさんになってからどのくらい生きたのだろうね。桐谷健太が心配だ。

 

夏目漱石「草枕」岩波文庫

20歳までほとんど本を読まなかった。黙読が苦手だった。目で追っても頭に入らないのだ。仕方がないから声に出さないで音読する。読む速度はカメだが、今は読書が出来る。高校生の夏休みに読む新潮文庫の100冊系はほとんど読んでいない。夏目漱石も読んだのは少しだけ。「草枕」の冒頭「智に働けば角が立ち」の有名な一節も、映画やドラマでよく引用されたから知っていた。高校生の日々から膨大な月日が流れた。たまたま手にした草枕。読むなら今だと思って読んだ。「先送り」する「先」がもうあんまりないからだ。草枕は私が思っていたような小説ではなかった。「こころ」や「それから」に近い小説だと勝手に思い込んでいた。読み始めたら面白くて楽しくなった。これなら漱石も好きかもと早合点までした。「非人情の世界」に身を置きたいと思う画工がいう。「小説など頭から読む必要がないのだ、気に入った場所をただ読めばいいのだ」と。うんうんと頷いた。長い文章が苦手な私には嬉しい話だ。鏡池の椿、ミレーのオフィーリアの絵、ゆるい脈略の中でどこにも辿り着く気もない小説を読んでいると、目の前に夏目漱石自身がウダウダ話をしているような気分になってくる。「これが新しい小説なのだ」とささやく。漱石研究からすると、草枕に書かれているさまざまなエピソードや題材から、当時の漱石が好んだものやら、考え方、晩年へと至る彼の思想の変化やらいろんなことが読み解けるのだろう。残念ながら私には無理だ。だが最後の場面で那美さんの表情に「憐れ」を見て作品が完成したというシーン。不思議な着地感があった。さすが文豪。全くの非人情でもまた生きづらいのよね。高校生から成長の止まった頭だけど、読む時間があるうちにもちょっと文豪に触れたいね。

テレビ朝日「おっさんずラブ」

評判のドラマが終わってしまった。さびしい。田中圭をめぐる男性たちのラブストーリー。予想を裏切る展開で毎回目が離せなかった。何が素晴らしいかと言えば、まず主役の田中圭。どこにでもいそうな30代のサラリーマンのお兄ちゃんでありながら、上司の部長吉田鋼太郎が恋心を抱いてしまいそうな「かわいさ」を持ちり、後輩のイケメン林遺都が心を寄せてしまう「あやうさ」もある。もちろん幼なじみの内田理央が好きになる「男性」でもある。田中圭、今回かなり見直した。そこに吉田鋼太郎、林遺都、眞嶋秀和が絡む。みんな色っぽい。脇役陣の同僚も見逃せない。女性の営業部員役の伊藤修子。ちょっと異様だけど常識的な40代中年女性を演じていた。部長の元妻大塚寧々に「マジいけます」的に迫る歌麻呂役の金子大地のイマドキっぷりもいい。しかし結局一番ドキドキしたのは、牧君(林遺都)だった。思わず投影してしまうのはどうかと思うが、切なくて切なくてドキドキしてしまった。LGBTばやりの昨今、性別も国境も年齢も何でも超えて恋愛していいと思う。ただ何でも公表しなくてもいいと思う。恋心も表に出た瞬間に色褪せる。隠さなければならない関係の苦しみもあるのかもしれない。でも秘密には例えようもない喜びも多い。カミングアウトして幸せになれる人はしたらいい。でも曖昧にしておく自由も欲しい。表面から見えないところに存外美味しい世界は広がっている。口には出さずとも皆がそれとなく知っている、そういう関係がイイなと思うのだが、そういうのはもう流行らないのかもしれないね。

タッタタ探検組合「隣のゾンビ」赤坂レッドシアター

タップを習っている友人に誘われて行ったので、タップのステージだと思っていた。だが開けて見れば、タップは幕間だけで、「墓場のゾンビ」がたくさん出てくるお芝居だった。赤坂見附からすぐの地下にある小さな劇場。演者の表情も、観客のためいきも全部筒抜けなコンパクトな空間。若い頃好きだった小劇場の演劇も最近はちょっと敬遠しがち。気恥ずかしい熱い台詞や非現実に引き込むハイテンションが苦手になった。幕間のタップはかっこよかった。あの音が響くにはちょうどいい空間だった。ゾンビの役者さんたちはとても上手だった。娘さんも、愛人もきれいだったし、イヌも、墓守のオジサンも明るくて面白かった。楽しくてわかりやすく、何度も笑った。でも私は途中で寝落ちしてしまった。疲れていたのだ。開始前のビールもいけなかった。ごめんなさい。いくら若作りしても、いい舞台を寝落ちするようじゃあ意味はない。年々感性が鈍っていく自覚がある。老いは着実に私を包み込んでいく。老いという灰色の雪が体全体、頭蓋骨の中に降り積もる感じ。仕方ないことだが、まだ埋もれたくない。執着。ただひとつ言えるのは、演劇をやっている役者さんたちの眩しさは、灰色の老雪とは対極にあるような気がする。ああ、沈みゆく夕日は思った以上にはやいようだ。

NHK朝ドラ「カーネーション」アンコール

過去の朝ドラの再放送が4月から平日夕方に始まった。「カーネーション」は2011年後半大阪制作。私の大好きな朝ドラのひとつ。尾野真千子出世作で当たり役。おそらくほぼ99%見たはず。あらためて見るとあらたな発見もあり「半分青い」より面白い。母親役の麻生祐未、父親の小林薫、おばあちゃんの正司照枝。素晴らしい。先日は小さい頃からのライバル奈津の栗山千明が髪結いの勘助の母濱田マリのところで泣くシーン。強がりの奈津が髪結いの濱田マリにだけ心を許しポロポロ涙を流し、それを静かに受け止める濱田マリの抑えた演技。こんな神回があったなんてすっから忘れていた。女性が控え目に生きるのが当たり前の時代。岸和田生まれの主人公糸子が、だんじりのように豪快に疾走する。進むほどに壁に当たり、父親にたたかれ泣かされる。悔し涙を何度も流しながらもひたむきに前に突き進む。胸が一杯になる。洋花の癖になかなか萎れないカーネーション。花の命は短いし、踏みつけられて、折れることも多いけど。美しい花は穏やかなプランターから生まれるわけではない。強い心に咲く花の美しさ。戦ったものだけが手にする宝石のようなもの。まだまだ戦いをやめるわけにはいかない。

日本TV「正義のセ」

別に大した番組ではないのである。吉高百合子が新米女性検事で奮闘する話。ペアを組む中年男性事務官が安田顕。面倒くさい主人公の凛々子に手を焼きながらも暖かく見守る。ありそうな筋立てと設定。だが、なぜか気になって毎週見ているのは、吉高由里子のせいだ。ちゃらい三浦翔平もお父さんの生瀬勝久も、吉高の妹役の広瀬アリスも吉高を盛り上げるだけで可もなく不可もなく。すべては吉高由里子なのだ。昔から嫌いだった吉高由里子。長沢さとみくらい嫌いだった。全然見たいと思わなかった。しかし「花子とアン」以来、なぜか見てしまう。好きになったわけではない。ただ目が離せないのだ。美人かといえばそうでもない。しかしかわいい。恋人に振られて泣く姿。誉められて喜ぶ姿、悔やしくて負けん気の強さを出す姿、疲れてへこたれてビール飲む姿。どれも迫真の演技ではないのだが、リアルな「女子のカワイさ」が存在するのだ。そうそう、そうなんだよね。そういうことあるある~と、見ている人間の心に入り込む。吉高の控え目なカワイさが見ている人間の、謙虚なフリして、自分だってまぁまぁイケてる、っていう微妙な自信と結びつくのだ。いやあ、吉高の魅力をここまで突き詰める必要は全くない。どうでもいいことだ。どうも最近はどうでもいいことばかり明るみに出て、肝心のところは闇の中。誤魔化しの持久戦。大衆が飽きて息切れするのを待っている。「正義のセ」さえ見えやしない。だから平民は今夜も吉高見ちゃうんだよ。